スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア大会 「五輪に向け、いいスタート」金の福島ら会見

アジア大会が終了しましたが、女子陸上の福島選手、100m、200mの金メダル、本当にスゴイですね。今回は足を痛めていたそうですが、そんなことは感じさせない走りでした。女子の100m金メダル獲得は44年ぶり、さらにアジア大会での100、200メートルの2冠は史上3人目という快挙は本当に日本を沸かせてくれました。
インドア施設でのトレーニングで北海道という場所でも結果が出せたんでしょうね。トレーニングの一部がテレビで報道されていましたが、宙吊りで腹筋を鍛えたり、スタミナ不足解消のために230m全力で走りこんだり、さまざま工夫されたトレーニングをしているとのことでした。あの引き締まった美しい腹筋はトレーニングの賜物ですね。
ロンドン五輪も、少し前に北京五輪だったような気がしてもっと先だと思っていたらもう2年後なんですね。世界選手権、オリンピックでの活躍を期待します!!



アジア大会 「五輪に向け、いいスタート」金の福島ら会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000009-maip-spo

 27日に閉幕した広州アジア大会の陸上女子百メートルと二百メートルで2冠に輝いた福島千里(北海道ハイテクAC)ら陸上の金メダリスト3人が29日、東京都内のホテルで記者会見した。福島は「金メダルを取れて来年の世界選手権、(12年)ロンドン五輪に向け、いいスタートが切れた」と、胸のメダルを輝かせながら喜びを語った。

 女子百メートルを11秒33のタイムで制し、日本勢で同種目44年ぶりの金メダルを手にした福島は、23秒62で二百メートルも勝って日本女子で初めて短距離2冠を達成。福島は「(所属先の)北海道は寒いが、常に気温が20度あるインドア施設でトレーニングできたことが結果につながったと思う」と振り返った。

 また、男子やり投げで初優勝した村上幸史(スズキ浜松AC)は「中国、韓国に勝ちたいという気持ちが強かった。来年につながる成績を残せた」と納得の表情。女子やり投げで金メダルの海老原有希(同)も「中国の一角を切り崩したかったが、ふたを開けたら金メダル。非常にうれしかった」と笑顔だった。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
amazon search
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
タグ

健康 精油 アロマテラピー アロマ アロマオイル インフルエンザ ダイエット ボディケア 美容 料理 冷え性 

RSSリンクの表示
リンク
おすすめの本
QRコード
QR
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。